Mac OS Xでメタトレーダーを使用する

 

ここでは、無料で利用できるソフトウェアのみを用いて、Metatrader4(以下、メタトレーダー)をMacOS X上で稼働させる方法を説明します。

この記事で説明する方法を使うと、取引状況の確認や簡単な取引を、メタトレーダーを用いてMacOS X上で直接実行することができるようになります。

 

Macでメタトレーダーを稼働させる方法はいくつかあると思いますが、基本的に余計な出費がかかったり、面倒だったりします。一番いい方法は、Mac OSにおけるSafari等のAppsのように、直接的に実行できるのが一番簡単でいいですよね。

 

<<大体こういう状況に陥ります>>

  • BootCamp – Windows OS代が必要で、さらにWindows実行中はMacOSが使用できない
  • VMWare – VMWare + Windows OS代が必要(Macリソースの消費も気になるところ)
  • VPSリモートデスクトップ – 取引時間帯でリアル口座で取引するVPSにアクセスは避けたいところ
  • (余談) スマートフォンやタブレット – 机の上がちらかったり、コーヒーこぼして壊れるのがいや (笑)

 

 

そこで、WineBottlerという無料のツールを使用します。WineBottlerは、その手方面では有名な”wine”というソフトウェアを簡単に使用できるようにするツールです。

 

ゴール地点 – Mac OSXでメタトレーダが稼働する

wb12

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 上記スクリーンショットのように、Mac OS上で、メタトレーダー4が起動すること
  • 為替レートの表示や、基本的なポジション操作ができること(特に決済)
  • EA稼働やフォント文字化けはここでは考慮しない

 


手順1:WineBottlerの入手

 

WineBottlerを下記のサイトから入手します。(もちろん無料です。stableバージョンがおすすめです)

外部リンク ::: WineBottlerの本家サイト

 

※ついでに、Windowsにインストールしていた、メタトレーダーのインストールexeファイルをMac上に準備しておきましょう。

なお、本手順における WineBottlerバージョンは、1.6.1です。Macは、10.9 Mavericksです。

 


手順2:WineBottlerのインストール

 

ダウンロードしたWineBottlerのインストール。いつもの手順ですね。Wine.appとWineBottler.appの両方をインストールします。

wb01

 


手順3:WineBottlerを実行する

 

早速、メタトレーダーをインストールする為に、WineBottlerを実行します。(この手順から先は、基本的にクリック操作のみです)

Wb02

 

 


手順4:メタトレーダーのインストール

 

起動したWineBottlerの”Advancedタブ”を選択し、メタトレーダーをインストールしていきます。なお、WineBottlerには標準でメタトレーダーのインストール機能がありますが、各FX会社のメタトレーダー実行ファイルをインストールできるよう、この手順にて説明しています。

 

Step-1:  Advancedタブの選択

wb03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Step-2:  メタトレーダーインストールファイルの選択

wb04

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Step-3: メタトレーダインストールファイルの確認

wb05

 

 

 

 

 

 

 

 

Step-4: インストールボタンを押して、Mac上のアプリとしてメタトレーダをインストールする。インストール先は、適当にどうぞ。

wb06

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Step-5: Windowsへインストールするように、メタトレーダのインストールをしましょう

wb07

 

 

 

 

 

 

 

インストール後実行のチェックボックスは、はずしましょう。

wb07-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Step-6: 実行ファイルの選択 (この手順をスキップすると、メタトレーダのアンインストールプログラムが実行されるだけの設定となる為、お忘れなく)

メタトレーダーインストール後、下記ダイアログが表示されます。

wb08

 

 

 

 

 

 

wb09

 

 

 

 

 

OKボタンを押す前に、terminal.exe (メタトレーダ本体)を指定します

 

これで、インストール完了です。(簡単ですね)

wb10

 

 

 

 

 

 

 


手順5:メタトレーダー実行

 

Mac OSのアプリとしてインストールしたメタトレーダを実行しましょう。

wb11

 

 

 

 

 

 

<< どうでしょう。メタトレーダが起動しましたよね (若干フォントが文字化けしていますが、取引状況の確認や、簡単なトレードには殆ど影響ないかと思います >>

wb12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Macの使用リソースも、CPUが5%程度で、メモリも100メガちょっとです。素晴らしいですね。(wineというところです)

wb13

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

面倒な手順を踏まずに、ここまで出来るとは、いい時代になりましたね。

 

One thought on “Mac OS Xでメタトレーダーを使用する

コメントを残す