Rigel研究-026 (禁じ手)

OrionFXさんの、MT4 EA RigelExtremeを、いろいろな通貨ペアに最適化して実運用する試み、その26。

 

今回は、禁じ手、EUR/CHFへの適用。

スイスフランショックが、もはや半年以上も前の事とは、、、

 

 

先日、Forex Venture Botを稼働停止し、その余った予算をどうしようかと悩みました。(1000円だけ、RR Hippoにあげた)

そこで、白羽の矢が立ったのが、Rigel EXのEUR/CHF。

 

もともと通常版のRigelで、EUR/CHFがトレード対象となっていたことから、可能性があることは当たりが付いていたので、まずはチェック。

 

 

これは、2015/1〜2015/8/15までのEUR/CHFを、現在利用しているRigelEXのCHF/JPYの設定そのままにバックテストした結果。

ヒストリカルデータは、FXDDさんのものを利用。

 

50819-rx

 

 

いける!!!!

 

 

最適化前でこんなに可能性があるなんて。

 

 

欲は程々に、リスク値を抑えて時間をかけて運用すれば、、、、

でへへへ、、、、、€ €

 

とは言え、ゼロカットブローカーで運用しないと危なそう。。。

 

 

 

 

 

さて、久しぶりのRigelEXの最適化だ〜。

2日かかるんだよな〜〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3 thoughts on “Rigel研究-026 (禁じ手)

  1. 初めまして^^
    朝スキャで適度にナンピンしてくれるEAを探しています。
    当方朝スキャは365EAのEAをメインで使っています。
    X47BというEAが動き的にはOKなんですが、BTと最適化が重くて重くて、、、^^;
    RigelはBTや最適化の速度いかがでしょうか?
    宜しければ教えていただきたいです^^

    1. かっぱさん

      初めまして。コメントありがとうございます。

      RigelEXについて、最適化の速度ですね。

      私が、X47Bについて運用未経験の為、相対的なところはわからないのですが(また経験則のレベルになってしまいますが)、RigelEXのBTと最適化も相応に時間を要すると思います。

      まず、RigelEXのBT速度 (一般的な性能を持つVPSにて実行した場合)
      ・5年分のバックテスト所要時間 : 20分程度

      次に、RigelEXの最適化の自由度として以下を設定できます
      ・一般的なものとして、ナンピン回数、S/L値、トレード時間(これらは、買い売り毎に設定可能)
      ・他に重要なものとして、エントリの契機や、イグジットの契機とその調査期間 (これらの主要なパラメータ数は、最低5つ程度あり、さらに買い売りで設定可能)
      ・、、、で、各パラメータが、かなり細かい数値で調整可能

      というものな為、全ての組み合わせで最適化すると、実時間的に終わらないです。。。

      ただ、最適化になれてくると、当たりをつけながらパラメータを調整すること2日間程度で、1運用通貨ペアに対し、最も可能性のある運用パラメータが確定すると思います。

      以上となります。

      経験則的なものではありますが、かっぱさんのお役に立てたなら幸甚です。

  2. お返事ありがとうございます。
    想像していたよりパラメーター多くて、5年のバックテストで20分程度との事。
    思ってたよりも早かったです^^
    取引時間にはESCで当りがついていますのでSL値とナンピン回数を最適化で流して他のパラメーター微調整でいけそうですね。
    ありがとうございました!

コメントを残す